STAFF

社員紹介

梅村 昇平SHOHEI UMEMURA

プロデューサー
2015年4月入社

—「何が面白いか」を真剣に考える世界—

 もともとテレビっ子だったので、高校3年生の頃にはぼんやりと、テレビ業界で働きたいと考えていました。大学へ進学し、就活で改めてテレビ番組について考えるようになり、笑ったり感動したり出来るバラエティを作りたい。そんな想いで業界への就職を決め、あっという間に6年目を迎えました。
 業界に入る前は勝手に、「チャラチャラした人が多いんだろうなあ」なんて失礼ながら思っていました。実際に、かなりフランクな格好の人や、デスクで寝ている人がいたり…もちろん驚きましたが、それ以上に、どの番組の人もジャンルは違えど「何が面白いのか」を真剣に考えている、真面目な人が多くて。自分の考えを反省しましたね。

—責任の重さに直面して、ゾッとしました—

 入社後は、テレビ東京の「世界ナゼそこに?日本人」を担当しました。海外在住の日本人に密着する番組で、初の海外ロケは失敗の連続でした。今でも当時のディレクターやカメラマンさんと会うとビクビクしてしまう自分がいます(笑)。
 2年目を迎え、ロケに同行する度に「自分だったらこうする」と思うことが増えてきたのがディレクターを意識するきっかけでした。運良く比較的早い段階でディレクター業務を任せて貰えるようになりましたが、初めて現場に立ったとき、現場での全責任が自分にのしかかっている、その重さにゾッとしたのを今でも覚えています。とんでもない重圧と闘っていたのだと、先輩たちの凄さに気付いた瞬間でしたね。

—初心にかえって、まずは周りに認められる人間に—

 そんな僕も、今は更なる重圧と闘っています。会社が「沸騰ワード10」「THE突破ファイル」の制作協力として参加する中で、社長からプロデューサーにならないか、という話を貰い…正直、まだまだディレクターとして取材をしたい気持ちはありましたが、会社として携わる番組制作、というのにも魅力を感じ、一翼を担わせて頂くことにしました。
 予算管理、労務管理、事務的なことやVTRに間違いが無いか、などのチェック…業務が多岐に渡り、これまでやったことのない仕事で精神的に負担を感じることは、正直あります。ですが「笑ったり感動したりするバラエティ番組を作りたい」。職種がディレクターからプロデューサーに変わっても、想いは変わりません。初心にかえって、まずは周りに認められるPを目指します。そしていずれは、“チームセプテンバー”で作る番組を増やしていく。そんな目標を持っています!

梅村 昇平 SHOHEI UMEMURA

It's starts from here!~ここから、はじまる~