STAFF

社員紹介

近藤 豪GO KONDO

アシスタントディレクター
2018年4月入社

―達成感を求めてテレビ業界へ―

 小さい頃からテレビっ子で、テレビを観すぎて怒られることもしばしばあった子ども時代。バラエティ番組が特に大好きでした。大学では学園祭の運営委員として企画・演出などを担当。何日間もかけ準備して作り上げたイベントで盛り上がる観客の姿を見て、何かをやり遂げることの喜び・面白さをひしひしと感じました。
地方出身者のため地元で就職をするか悩みましたが、「この達成感を仕事でも味わいたい!」そんな思いから、テレビ業界で働くことを決意しました。入社後は、日本テレビ「ヒルナンデス!」を2年間担当し、ADとして日々奮闘中です。

―入社すぐ「納豆のプロ」に―

 「ヒルナンデス!」は情報番組なので、企画の幅が広く、料理やグルメ・旅・便利グッズなど様々なジャンルの情報に触れる機会が多いです。生放送という限られた制作スケジュールの中でもこだわりがあって、料理の画を1日かけて撮ることもあります。日々の業務も多く、1年目はとにかく数をこなすだけで精一杯でした。
入社2ヶ月の頃、「納豆を100種類集める」というコーナー企画を担当する事に。納豆製造会社への50社を超える取材電話・撮影の段取り・納豆の管理まで、全ての業務を行わなければならず、非常に大変でした。放送を迎える頃には、それぞれの粒の大きさや特徴まで完璧に覚えており、“納豆のプロ”になった気分でした。
無事放送された時は、まさに“やり遂げた”という達成感で胸がいっぱいになりました。この経験は、今でも大きな糧となっています。

―諦めず やり遂げる姿勢が大事―

 これまで、仕事をこなす上で常に大事にしてきたことは「諦めない」姿勢です。
様々な業務に取り組む中で、苦手・嫌いな仕事って必ずでてくると思うんです。僕自身、入社当初は資料作りが非常に苦手でした。しかし、先輩の意見を参考にしながら、時には怒られながら諦めずに取り組む内に、ある日上司から「この資料、見やすくていいね」と評価して頂きました。苦手な仕事も諦めずに乗り越えることで、次のステップに繋がるし、結果として徐々にこなせる仕事の数も増えてきました。
最近では、短いVTRの編集やスタジオ台本のたたきを作らせてもらうなど、責任重大な業務を任せてもらうようにもなってきたので、より一層気を引き締めて頑張ります。
 将来は、誰からも信頼されるディレクターになることが目標です。1日でも早くなれるよう、どんな仕事でも“諦めずやり遂げる”姿勢を忘れずに励みます!

近藤 豪 GO KONDO

It's starts from here!~ここから、はじまる~